まず「機器」管理から

現代における個人の危機管理は、機器管理から始まると言ってもよいかもしれない。

機器の危機管理も必要ですが、その点にも触れておられます。